記事一覧

美しい文字 それは幻ではない! パイロット「色彩雫」

ああ、嗚呼、なんということでしょう。

 いきなり一目惚れしてしまいました。

 もうこれは恋ですよ。コイ。カープ。

 好きになったのは、その名も山葡萄(やまぶどう)。

 濃い紫色で、乾くと、光沢すら感じさせる黒色になります。

 え、何の話かって?

 パイロットから発売された、日本の美意識から生み出された、万年筆のインクの話です。

ファイル 585-1.jpg

 始めに断っておかねばなりません。

 わたしは、万年筆は好きですが、多くの適当な万年筆についてくる「ブルーブラック」インクという色が、子供の頃から好きではありませんでした。

 なんだか、青っぽく黒い、どっちつかずな色に欺瞞(ギマン)を感じていたのですね。

 大人になってもそれは変わりません。

 どうせ使うならインクは黒です。

 銘柄は、深みのある漆黒さが好きで、長らくモンブランの黒を使っていました。

 赤は別になんでもいいので、値段の安いパーカーを使っていました。

 最近になって、黒は、セーラーの超微粒子漆黒インク「極黒」(キワグロ)を使いはじめましたが、あれはいい。

 ともかく、黒い上にも黒い。

 ほら、よく、冠婚葬祭なんかで、男連中が並んだ時、その礼服の値段によって、同じ黒でも、まるで黒さが違うことが明確になるでしょう?

 オレのよりヤツのほうが黒い!とかね。

 もちろん、わたしのは誰よりも薄い黒です。

 礼服なんてそれでいいのですよ。

 しかし、インクが、それではいけない。

 記録媒体として文字を紙に残すわけですから、クッキリと明快な色の方が良いのです。

 長らくそう思っていました。

 山葡萄(ヤマブドウ)を試し書きするまでは……

 最近でこそ怪しくなってきましたが、かつて、日本には24の季節がありました。

 色も同様。

 日本の自然(動植物)に根ざした、さまざまな色が生み出され、表現されてきました。

 それが、いつのまにか、ブルーブラックだのレッドだのアンバーだのといった、木で鼻をククったような(ってどんな意味?)色ばかりがハバをきかせるようになってしまった。

 しかし、今こそ、日本の美しい夜、ではなくて、美しく微妙に綾(あや)のある色の復権がなされるべき時なのです。

 万年筆を持つ楽しみのひとつは、書き味が最高なのはもちろんとして、さまざまなインクを使えるということです。

 いやぁ、長生きはするもんですよ。

 生きている間に、こんな様々な日本に根ざした色のインクを使えるようになるとは、ホント、思いませんでしたよ(ちょっとゲサ?)。

http://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/iroshizuku/

 上のサイトには見本がならんでいますが、ホンモノはディスプレイで見るような、単純な色ではありません。

 ぜひ、店頭で、実際に書いてみてください。

 美しい文字、それは幻ではない!

 たとえ字は下手でもね。

 そして、インクの色の深さに感動したら、この際、キャップレスでも何でもいいから、日本製の万年筆とコンバーター(これがないと、インクツボインクが使えない)を購入し、万年筆仲間になってください。

 是非とも。

これでどこでも文章書き!ポメラも不要 iOS4アップデート

 告白すると、わたしは、ずっとポメラが欲しかった。

 ポメラってご存じですよね。

 キングジムの小型ワープロ、というか、メモマシンです↓。

  http://www.kingjim.co.jp/pomera/

 でも、すでに文字が打てる携帯電話があるのに、もう一台電子機器をもつのもなぁ、と躊躇(ちゅうちょ)していたのですが、この21日にiphoneOSが4.0になり、ついに、Bruetoothがキーボード対応になってくれたため、iphoneのテキスト入力用にBruetoothミニキーボードを購入しました。

 本当はFILCOが欲しかったのですが、大きすぎるので却下、サイズから逆算して、ELECOMのTK-FB013BKにしました。実売6000円台です。↓

ファイル 562-1.jpg

 OSについて、ついでに書いておけば、OS4になって単語登録もできるようになったため、よく使う文字列を一文字で登録して、文書作成効率を上げられるようにもなりました。

 今回のバージョンアップでは、やはりこの二点が大きいなぁ。

 さて、肝心のキーボードですが、小型ながら、パンタグラフ方式のキーは、クリック感のない汎用タッチパネル・キーボードより、はるかに打ちやすいですね。

 重さは、愛猫の餌を計るハカリで270g。牛乳瓶一本くらいです(古いかな)。
 大きさは、iphoneとの比較で分かると思います。
 これならなんとか、鞄にいれて持ち運ぶことができる。↓

ファイル 562-2.jpg

 iphoneの設定で機器を認識させたあと、「ファンクションキー:Fn」と「WIN-MAC切り替えキー」を同時押しすると、その後は、「変換キー」と「無変換キー」で全角と半角を切り替えできるようになります。

 キーボードのバッテリーは3か月もつそうです。

 外出先で使うことがほとんどなので、キーボード上部にiphoneを固定する台を、プラ板を曲げて作りました。

ファイル 562-3.jpg

 キーボードとの接続はベルクロを使います。

 実際の使用スタイルはこんな感じですね。どことなくポメラに似てる↓

ファイル 562-4.jpg

 非常にコンパクトで使いやすいワードプロセッサ、というかエディタになりました。

 あとは、充電用のリチウムイオンバッテリーをつなぐくらいですね。

 実際の使用感ですが……この項目の前に書いた「中国についての~」のプロトタイプは、実を申せば、全部上記のシステムで書きました。

 朝から書き始めて30分くらいで、だいたいの形ができます。

 わたしは、とにかく大量に文字を打つので(たぶん、的確な表現ができないから長くなるのでしょう)、今までのiphoneでは、とても文章を書くことができなかったのですが、このキーボードなら大丈夫です。

 多少、変換が追いつかなくて、誤入力することがありますが、ほとんど問題がないレベルです。

 iphoneのディスプレイに、これまでのノロさからは信じられない速さで文字が打ち込まれていくのをみると、やはりモチはモチ屋、キーボードはキーボードに任せろ、と思わずにはいられません。

 バッテリーの持ち(bruetooth使用時iphoneの)など、もっと細かい点が分かれば、後日、追記として報告します。

 とりあえず、この使い方は、文章を大量に書くことに限れば、ツカエル、と思いますね。

道具に背を押され、久しぶりの自転車

このところ、もっぱら歩き回ること(特に夜に)で運動するようにしています。坂の多い街なので、それで結構運動になるのです。

 その際に、DSの万歩計も持っているのですが、最近は、iphoneのアプリケーションにある「Runnning keeper」も同時に起動させて歩いています。

 これは、GPSを用いて、速度、距離、位置を記録し、後で、高度差とペースを含めて地図上に表示してくれるという、ナカナカ気の利いた無料ソフトなのです。

 同時に、サイトにもそのデータを送信してくれるので、大きな画面で、これまでの記録を確認することもできます。カロリー表示もでます。

 その際、設定で「プライベート」にしておかないと、全世界に自分のトロトロ歩きが公開されることになるので注意が必要ですが。

 これからが本題です。

 昨日、RKの設定で、ウオーキング、ジョギングの横に、サイクリングという文字を見つけたため、久しぶりに二階の物置に放り込んでおいた愛車を取り出してきました。

 屋内にしまってあったためか、多少の整備で走行可能になりました。

 水をボトルキーパーに差し、日除けのキャップを被り、シャツを羽織って走り出しました。

 ヘルメットは、ロッククライミング用のを流用しているのですが、デザインが派手すぎるので、いつも使用を躊躇してしまいます。

 一応、サイクル・コンピュータ、いわゆる速度計は自転車につけてあるので、iphoneは、いつも通り腕にバンドで固定しておきます。

 歩き、あるいは走りながら音楽を聴く趣味はないので(だったらiphone持つなって!)イヤフォンは使いません。

 かつて毎日走っていたのと同じコース、おそらく誰もが知っている史跡の点を線につなぎながら走ると気持ちよい汗が流れました。

 最近は、街の移動に折りたたみ式アシスト・サイクルを使用していたので、さすがに古墳丘陵道を上ると息があがりました。(あとで記録をみると、高低差は200メートルほどでした)

 前に別項で書きましたが、自転車で走るのをやめたのは、わたしの走行コース付近で(おそらく誰もが知る殺人)事件があったためです。

 事件の前日まで、平日の昼間、いかにも不審な人間が、毎日、自転車で走っていたのですから、警察に無駄な冤罪を起こさせないためにも、顔を出さない方が良いと思ったのです。

 事件後、ひと月ほどで犯人は捕まりましたが、その頃には、走り続ける意思が弱ってしまいました。

 今回、当時と同じ道を走ったのですが、短い方のコースで10キロ30分は、今のわたしの体力にぴったりでした。

 こういった何かのマシン購入がきっかけとなって、エクササイズを再始動することもあるのでしょう。

 そういえば、最近の中学生は、自転車を「バイシクル」ではなく「バイク」と習うのですね。
 このあたりの表現の違いで年齢が分かるのかもしれません。

 余談ながら、帰宅後、サイトで自分の記録を確認しようとすると、トップページにある「直近の公開記録」に目がいきました。

 ちょっと髪の毛の薄い顔写真が印象的なオランダのヘルシン氏は、5時間半で100キロ近くの行程を走り終えていました。

 その下が、イタリアのポッピーノ氏で、彼も3時間で50キロ走っています。少し距離が短いのは、その高低差が1800メートルほどあるからでしょう。

 世界にはスゴい人がいるものです。

何でもかんでも透明PDF化 その結果は?

 年の瀬で、少しだけ整頓をしようと、仕事場を片付けていたら、昔のデータを納めたDVDが出てきました。

 その中に、かつて大量に行っていた新聞スクラップや、書庫の底が抜けそうになったため処分した本の透明テキストつきのPDFファイルがはいっていました。

 当時、相当な時間をかけてスキャンした記憶があります。

 使っていたのは、その頃、パーソナル版で一番高性能だったエプソンGT-9700だったと思いますが、それでも解像度300-400で本一冊を見開きでスキャニングするのは遅かった。

 今のスキャナのスペックをみてみると、L判カラー写真/300dpi(ってのが基準のようですね。)をスキャンするのに必要な時間が

        CanoScan 8800F 4秒
        GTX-970 7秒

となっています。

ファイル 267-1.jpg
  CanoScan8800F

ファイル 267-2.jpg
  GT-X970

 えーと、L版の写真ってハガキよりちょっと小さいサイズですよね。

 A4でPDF化するのに必要な程度だったらどれぐらいの速度でできるのかな?

 こういったメーカーのスペック表って肝心なデータが載ってないなぁ。

 だいたい、L版の写真をフルカラースキャンって、誰がするのよ。

 どっちかというと、雑誌とか書類とかそういうのを取り込むんじゃないかなぁ。

 だいたいA4なら、その3倍程度でしょうから、スキャン時間は、12から21秒というところでしょうか。

 書類を取り込むだけなら、ドキュメントスキャナがあるけど、ドキュメントをスキャンするったって、みんなが、金持ちのジャーナリストみたいに、買った本をバラしてドキュメント・フィーダーでオートスキャン出来るわけないじゃないですか。
 確かにA4のドキュメントだけだったら、すごく便利だけど。
ファイル 267-3.jpg
  ScanSnap S510 FI-S510

 手帳術で、スクラップを手帳に貼って管理、と書きましたが、それは、以前にこういった「電子化」をかなりやりこんだ挙げ句の結論です。

 実際、電子化して索引をつけるほどのことなどない。

 スクラップは貼ればよいし、本は付箋でもはって本棚に置いておけば、いつでも読める。

 要は、ざっとした索引を頭に置いておくだけでよいのです。

 前に、オランダの友人が泊まりに来た時、たまたま行っていたわたしの作業をみて「君はなんて大変な作業をしているのだ」と呆れていました。

 「合理的」な彼らにとっては、私の作業などまったくの無駄に見えたのでしょう。

 実際、今のわたしなら、やはりそう思います。

 ただ、書籍を電子化をせねばならない理由が、今も、ひとつだけあります。

 もう書庫があぶないのです。
 
 気になる本を片っ端から買っていると、目に見えて、書庫の重量が増えていくのがわかる。

 じつは、去年の夏、書庫の棚が崩壊しました。

 雷鳴のような轟音がとどろいて、あわてて見に行くと部屋中に本が散逸していたのです。

 もし、ネコが近くにいたら、と思うとぞっとしました。

 今は、2x4材で作った頑丈な枠組みに3センチ厚の板を渡して、まず壊れない棚を部屋中につくりましたが、そうすると今度は補強していない床があぶない。

 それで、ここ一年ほどは、本、特にハードカバーをなるべく買わないようにして、速読立ち読み(出版社と作者さんごめんなさい)と、図書館通いでなんとか重量を維持しているのです。

 メールマガジンの速読術でも書いていますが、早くさえ読めれば、電子データより本形式の資料の方が便利です。

 複雑に、正規検索するような情報は、専門のデータベースにまかせて、我々は、納めた本を取り出しては、パラパラとめくって頭の索引を補強することにつとめるべきなのでしょう。

 とはいえ、当時、作っていたスクラップ・データの中には、今読んでも魅力的なものがあります。

 たとえば、夕刊に週イチで連載されていた、オーシロカズミさんの「アジアな生活」。

 これは、彼女の豊富なアジア旅行体験が、やさしい人柄でノシをつけられ、可愛い絵と共に紹介されている(彼女はもともと漫画家です)素晴らしい連載でした。

 その内容は、別に紹介するつもりです。

 が、まあ、これも透明テキストにしてPDF化するほどじゃなかったかなぁ。

 A4の裏紙に貼り付けて、綴りヒモで綴じるだけでも実用には耐えていたでしょう。

 ただ、最近のスキャナは安くなりましたね。わたしもひとつ新しいのが欲しくなりました。

 PDF用ではなくブログの画像用に。


「エクスリブリス」って知っていますか?

 「エクスリブリス」って知っていますか?

 エクスリブリス(Exlibris)は、本の見返し部分に貼って、その本の持ち主を記す紙です。

 意味は「~の蔵書から」というラテン語で、日本では「蔵書票」「書票」などと呼ばれています。(英語ではBookplate)

 それらには、だいたい図版と一緒に「Exlibris」という言葉と、持ち主の名前が入れられます。

 役目としては、日本の蔵書印と、ほぼ同じ。

 日本や中国では蔵書印が主流ですが、ヨーロッパでは古くから蔵書票(エクスリブリス)が使われてきました。

 わたしも、以前は、自分で篆刻(てんこく)した蔵書印を使っていましたが、数年前に蔵書表をプレゼントされてから、下のようなエクスリブリス↓を蔵書に貼るようになりました。

ファイル 256-1.jpg

 蔵書票の良い点は、「本を汚していない」ように思えることです。

 蔵書印は、どうしても、本に押印して汚しているような気がして少し抵抗がありました。

 さらに、わたしは朱肉を使っていたので、押印したあとは、他の場所が汚れないように紙を挟んだりして結構大変だったのですが、蔵書票はノリをつけてはるだけなので楽です。

 印と違ってはがされる(って誰に?)危険性は残りますが。

 エクスリブリスは、銅版画などで作られ、その多くが芸術的価値をもっています。

 ↓それらを収集したり、実際に銅版画で作ったりする人もいるのです。



蔵書票の芸術―エクスリブリスの世界



岩佐なを 銅版画蔵書票集―エクスリブリスの詩情 1981‐2005

 封筒まるごとシュレッダーなんて古い スタンプシュレッダー

 情報は常に狙われています。

 わたしも、まあ狙われることなどないだろうと考えながら、郵便物の宛名や書類はシュレッダーにかけてから廃棄しています。

 しかし、封筒やハガキなどをいちいち裁断するのは手間がかかりすぎる。

 何かないかと捜したところ、いいものをみつけました。

 宛名の部分に、このスタンプをオスだけで判読不能。

 カンタンに情報を守ることができます。

 実際使ってみると、良さを実感します。

 別売りで補充インクが売られているので経済的でもあります。




個人情報保護スタンプ「見えない君」Lサイズ
997円

なかなかエコ 針を使わないステープラー

 人が文房具を使うということは、モノを消費することだ。

 メモ帳しかり、ノートしかり、万年筆のインクしかり、コピー用紙しかり。

 だが、ステープラーに関しては、針をつかわないものが存在する。
 値段も安い。
 針がないために、重ねた時にじゃまにならない。

 欠点は、綴じられる枚数が少ないことだが、4~5枚の紙を綴じて持ち歩くことはよくあるので、その時限定で使うようにすればよい。

 わたしはそうしています。

 無針ステープラーには、いくつかのタイプが存在するが、これは、切り取った紙を自動的に紙の隙間に差し込んで固定するすぐれた機構をもった逸品だ。

 手軽にためすなら、コレ(詳細は写真をクリックしてください)。



 ちょっと高めながら、しっかりした品質ならこちら。
      (詳細は写真をクリック)



もっとも安くドンドン書ける:プレピー 今、現在使っている万年筆その四

 また次の機会に書こうと思いましたが、ついでに書いておきます。

 キャップレスが、量産された「ただひとつのノック式万年筆」ならば、このプレピー(って、「プレッピー」のことだよね?そのネーミング・センス、ちょいハズカシ)は、日本で有名メーカーから市販されている「一番安い万年筆」のひとつなのです。(女子学生向けの小さいプラスティック万年筆など売られていますから、一番安い、と断言できないのがチト辛い)

 わたしが、裏紙などに、思いつきを殴り書きするような場合や、歌詞の添削(そんな仕事もしているんです)をする時に、赤インクを入れて使っているのがプラチナのプレピー210円です。



プラチナ万年筆 プレピー カートリッジ式 万年筆

 なんといっても安い。プラチナの万年筆が210円ですよ。もちろん中国製ですがね。

 コンバータの方が高いのがスゴイ。

 わたしは、これにパーカーの赤インクを詰めて使っています。

ファイル 207-2.jpg

 赤インクはパーカーの色が好みなんです。

 ペン先が、わたしの好みからすると少々太いのが難ですが、価格の安さとペン先にイリジウムチップを張り付けたタフネスさが素晴らしい一品です。

 中にいれるインクのカラーによって、ペン先、キャップの色を選べるのもなかなか良いと思います。(わたしは、黒ばっかり何本か買って、詰めるインクを変えているのですが)

 これは、セーラーやパイロットより、もっと軽い気持ちで一本もっていただいても良い

世界でただひとつ:キャップレス 今、現在使っている万年筆その三

世界でただひとつ、といってもわたしの持っているペンがそれだというわけではありません。

 産されている世界で「たったひとつのノック式万年筆」がパイロットのキャップレスなのです。

キャップレス (格子柄) パイロット
ファイル 206-1.jpg

 ペン先はこんな感じです。
ファイル 206-2.jpg

 ちょっと変則的なスタイルなので書き味が心配されますが、さすが日本の万年筆メーカー。

 これが書きやすいんですね。

 さきに、セーラーのハイエースを二番目と書きましたが、これと同率二位の書きやすさ、という意味とお考えください。

 書くときは、クリップをはさむ感じでホールドしますが、まるで違和感がありません。

 かえって書きやすいくらいです。

 携帯時は、ペン先が上向きになることと、完璧な自動シャット機構とが相まって、インク漏れやペン先乾燥などを経験したことがありません。

 ペン先はF(細字)ですが、これも絶妙の細さで、わたしには書きやすい。

 文字のトメ、ハライも気持ちよくきまります。

 インクは、ペリカンのブルー・ブラックを使うことが多いですが、気分によっては、ペン先を洗って黒を使うこともあります。

 あと、パイロットには、ペン習字ペン500円と、デスクペン700円という低価格かつ名品もあります。

 わたしがセーラーを一番に推したのは、単に好みだけの問題です。

 パイロットの習字ペンは、ちょっとだけひっかっかる感じがするのです。

 しかし、それは、ペン先の「絶妙に鋭利な細字感」の結果であって、決して欠点ではありません。

 本当に好みの問題です。

 あと、殴り書きなどで、どんどん使っている廉価(れんか)万年筆がありますが、それはまた別項で。

セーラープロフィット21 今、現在使っている万年筆その二

 モンブランは合わなかったが、この万年筆は、今まで持った中で一番書きやすい一本だ。

セーラー万年筆 プロフィット21 銀 万年筆
 やっぱり、日本のメーカーだけのことはある。

 日本語の、漢字かな混じりの文章を書くのに最適なペン先のひとつではないだろうか?

ファイル 205-1.jpg

 写真のように、わたしは、これにペリカンの黒インクをコンバータを利用して使っている。

 本当は、モンブランの黒が好きなのだが、ペリカン・インクの約800円に対してモンブラン・インク1600円。

 インクは、ドンドン使うだけに、この価格差はちょっと痛い。 

 と、セコさを露呈(ろてい)してしまったが、ホントに、セーラーは書きやすいんだなぁ。

 若い頃は、洋モノ志向で、日本の万年筆なんて、と思っていたがとんでもない。

 実のところ、二番目に書きやすい万年筆も、セーラーの1000円のヤツなのだ。

ファイル 205-2.jpg

セーラー ハイエース万年筆 ブラック

 これ以外に、リクルート万年筆(1000円)も捨てがたい。

 万年筆を、とりあえず持ってみようかな、と思われる方にお薦めします。
 スーパーの文具コーナーでも売っているしね。

 わたしは、ハイエースにもコンバータをつけて、ペリカンインクで書いています。

 ちなみに、コンバータとは、写真のようにカートリッジの代わりに万年筆に差し、インクボトルにペン先を突っ込んで、コンバータノブを回転させ、インクを吸い上げるものです。
 かなり大量にイロイロ書くので、インクカートリッジよりボトルインクの方が、ずっと安価になります。

ページ移動

リンカーン: 株式会社トラスト オンラインショップ通販& 大人気のブランドiphoneとSamsungケース専用店& lovcaseスマホケースについて最新情報& 手帳型、バッグデザインなどスマホケース特集揃え& 人気腕時計等が大集合腕時計専門店& 腕時計,ブランド,通販,激安,格安& 帽子専門店& NEW ERA ニューエラ正規取扱店& shoes通販専門店& 100%本物保証スニーカーの通販店& サッカースパイク専門店& 人気サッカーシューズ正規取扱店は人気&